コインを持つ人

ローリスクの安全資産|将来得をする方法を大公開

確定拠出年金

男女

確定拠出年金を利用する場合、まずは自分の会社に私設年金制度があるかどうかを調べてみて、内容であれば個人型の確定拠出年金を検討してみましょう。確定拠出年金のメリットの1つとして税金面での優遇があります。毎月の掛け金全額が所得控除の対象となりますし、運用中の売却益や分配金にかかる税金は非課税となっています。これらはとても大きな効果を生むことになりますが、確定拠出年金は今のところあまり認知されていません。

株式市場が盛り上がってきて投資に興味を持つ人が増えてきた現在においては、確定拠出年金の広がりも期待できます。但し、確定拠出年金で気を付けるべきことがいくつかあります。1つは管理手数料などがかかるということです。どこで確定拠出年金をするかで手数料は少し変わってきますがだいたい年間で5000円から8000円かかります。しかし、この手数料を上回る節税効果があるため、あまり気にする必要はありません。また、原則60歳になるまでお金を引き出すことができないということにも注意が必要です。しかし、これも逆を言えば、このようなルールがあるからしっかりと私設年金を作ることができると言えます。運用の一部を確定拠出年金にまわしてみるというのも選択肢の1つです。上手く運営していくことにより、老後も安心して生活を送ることができるでしょう。